Thumbnail
イベント

DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?~Database as code in DevOps~

2018年11月5日(月)東京

開発·テスト速度の向上においてポイントになるのはテストデータです。テストデータ(Database)の容量、セキュリティ、データ複製速度は、制約事項として開発および、テストを実施しなければなりません。開発·テストの効率、速度がUPしても高速にテストデータが準備できなければ全体最適は不可能です。

当セミナでは、Database as code をキーワードに、Oracle, SQL Server, PostgreSQLのテストデータをワンクリックで仮想することでDevops全体最適化した事例、メリット、テクノロジーを紹介します。

14:00 – 14:50  セッション1: "What is DevOps”
Devopsとは何か?DevopsにおけるDB環境はどうあるべきか?Facebook,ebay,WallmartのDevOps事例を交えて、DevopsとDBのベストプラクティスを解説します。
Adam Bowen
Delphix /Office of the CTO

15:00 – 15:50  セッション2: ”Database as Code”
DBMSシステムの開発速度を上げろといつも無茶ぶりされているあなたへ。日々、「新しいDBMSシステムの開発速度を上げろ!! 品質は落とすな!!」「うちはDevOpsでアジャイル開発ができているのか!!」と無茶ぶりばかりされている、そこのあなた!答えがここにあります
石川 雅也
株式会社インサイトテクノロジー/取締役CTO

主催 : Delphix Softawre合同会社·株式会社インサイトテクノロジー
日時 : 2018年11月5日(月) 14:00 – 16:30 (受付開始 13:30)
対象 : システム開発時のテストデータの用意に課題を抱えている方
“データベース仮想化”に興味のある方
“DevopsとDBのベストプラクティス”に興味のある方 参加費: 無料 (事前申込)
場所 : TKPガーデンシティPREMIUM京橋 (〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目2−1 京橋エドグラン 22F)
定員 : 50名

会場URL: https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-kyobashi/access/

※お申し込み多数の場合抽選となることがあります。あらかじめご了承ください。