Thumbnail
仮想化

高速なデータへのアクセス

どんなデータソースからでも
効率的なデータ提供
動的なデータコントロール
どんなデータソースからでも

どんなデータソースからでも

どんなデータソースからでも、高度に圧縮した仮想データコピーを作成することができます。必要なキャパシティを最小限に抑えることで、ストレージの効率を向上し、コストの低減を図ることができます。また、プラットフォームがソースシステムのデータ更新を継続的にキャプチャしてストアすることで、仮想データコピーは常に同期が取れた状態になります。さらに、オンプレミスやクラウドデータソースによって、ソースシステムやインフラストラクチャーのパフォーマンスに影響を与えることなく、データを素早くリフレッシュすることができます。
効率的なデータ提供

効率的なデータ提供

軽量な仮想データ環境、つまりデータポットによって、ユーザーが希望する環境に対して迅速かつ容易にデータを提供することができます。オンプレミスからクラウドへ、またデータセンター間のデータ移動が可能です。データの包括的なマスキングによって、業務環境やソースシステム環境からデータを提供する前に機密データのセキュリティを確保することができます。
動的なデータコントロール

動的なデータコントロール

データの利用者は、幅広い機能を利用して自分が希望する方法でデータを活用することができます。ユーザーは希望する時にソースシステムからデータをリフレッシュし、自分の環境内でデータバージョンにブックマークしたり、ブランチを作成することができます。また、仮想データ環境(データポッド)を他のユーザーと共有することで、共同作業を推進し効率の向上を図ることができます。
Thumbnail
ケーススタディ

DelphixによってMetro Bankがプロジェクトを加速化

Metro Bankでは、Delphixによってプロジェクトを劇的に加速化すると共に、データのプロビジョニングに必要な時間を80%削減し、DBAチームの必要時間を75%も開放しました。Metro Bankは、Delphixを導入後6週間で完全な投資回収を達成しました。

データの仮想化について、もっと詳しくご理解いただけます

DataOpsインフォグラフィック

ケーススタディ: データ物理学の法則を書き換える

DataOpsホワイト ペーパー

プラットフォームソリューション概要

Delphixのトライアルについて

Delphixの製品スペシャリストによる皆様向けのウォークスルー説明にご登録ください。どのようにしてスムーズなデータ移動を実現し、皆様のデジタル革命のお役に立てるかを説明させていただきます。